■このサイトは、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST に関する動画を集めたサイトです。
 相互リンク大募集中です。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST ストーリー

錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、
そして再構築する、この世界で最先端の学術である。
この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。
亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。

巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。
機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、
エドワード・エルリック。

二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。
兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き
進んでいく。

暗躍する人ならざる者たちの存在。
徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。
虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。
錬金術がもたらす幾多の悲劇。
点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き
込んでいく。

兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む--。 ※From 公式サイト



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120131404

この記事へのトラックバック

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第八話
Excerpt: 第八話「第五研究所」
Weblog: 陽出る処の書紀
Tracked: 2009-05-25 01:31

鋼の錬金術師 #08
Excerpt: 賢者の石の真実を探るため元第五研究所へ忍び込んだエドは、そこで床に描かれた賢者の石の錬成陣を発見する。 その時、鎧に身を包んだ男、ナンバー48がエドに襲い掛かかる。 一方、研究所の外でエドを待つア..
Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
Tracked: 2009-05-25 11:59

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第8話「第五研究所」
Excerpt: 見た目は少年、中身は化け物。その名は、エンヴィー! ということで今週は前半がアクション満載だった。 のだが、そこで力尽きたかボンズ。後半はアルの葛藤で動きが少なくなってしまった。 ..
Weblog: 象の歩むがごとく
Tracked: 2009-05-25 14:48

鋼の錬金術師 第8話 『第五研究所』 感想+イタズラなKissを一気見の雑感
Excerpt: ナンバー66&48きたー! ヒューズ中佐のおのろけトークを聞いてると、もうすぐ…あぁ〜。
Weblog: メガネ男子は別腹☆
Tracked: 2009-05-25 18:26

鋼の錬金術師#08第五研究所
Excerpt: 第8話「第五研究所」エドVSナンバー48!!アルVSナンバー66!!48の”中の人”は死刑囚の殺人鬼スライサー!!66の”中の人”も死刑囚の元肉屋のバリー・ザ・チョッパー!!この2人(実は3人w)もア..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2009-05-25 19:05

クイズショウ&鋼の錬金術師「弟の疑心暗鬼」
Excerpt: クイズショウは解答者が冴島誘拐する展開で 今回はゲストがニートのホリケンで嫌いなんだけど 冴島誘拐でワンパターンじゃなかったから良く 次で過去の事が色々と判明しそうだから楽しみだし は&VS甲..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2009-05-25 19:27

鋼の錬金術師 8話
Excerpt: 8話「第5研究所」
Weblog: ハルジオンデイズ
Tracked: 2009-05-25 21:00

鋼の錬金術師 第8話「第五研究所」
Excerpt: 第五研究所の秘密------------!!先週の感想は、私的に面白い結果が出てきたので、今後の感想はそれを踏まえて・・・ゆるゆると書いていきたいと思います。そんな熱心にあげなきゃならない熱い展開でも..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2009-05-26 19:10

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第08話『第五研究所』
Excerpt: スライサーって、調理器具みたいなネーミングだね
Weblog: 書きたいことを書いてみた(姉っくす)
Tracked: 2009-05-29 14:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。